プロポーズをする時の注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プロポーズをする時には様々な注意点があります。どんなことに気をつければいいのか、一つ一つチェックした上で失敗しないようにしましょう。もちろん、下準備が必要です。様々なシチュエーションを考えてみましょう。

 

どこでプロポーズをするべきか

プロポーズをする時には、TPOを考えましょう。最近はフラッシュモブといったサプライズ感を嫌悪する女性も増えてきています。街中や人がたくさん居るところでは避けた方がいいかもしれません。当然、彼女にだけ伝わればいいので、二人きりの時にしましょう。場所は食事をしている個室レストランや自室、車の中といったところが一般的です。二人きりで落ち着いて話ができる環境のところなら、彼女もじっくりと話を聞くことができます。

 

付き合ってどのくらいのタイミングがいいのか

付き合い始めてすぐにプロポーズをしても、信じてもらえないことがあります。ある程度の期間、きちんとお付き合いをしてからにしましょう。付き合ってどのくらいのタイミングがいいのかというと、最低でも1年以上がおすすめです。もちろん、1年といっても会う機会がどのくらいあるかによっても違ってきます。頻度が多いのなら1年経たなくてもお互いのことを理解できているかもしれません。いずれにしても、お互いを理解できるようになってからにしましょう。

 

相手の気持ちを考えてみよう

プロポーズは独りよがりではいけません。まずは相手の気持ちを考えてみましょう。付き合ってもいないのに、いきなりプロポーズをしても引かれてしまいます。また、相手に好きな人が居る場合にはかえって厄介に感じられてしまうかもしれません。相手が現在どんな立場にあるのか、環境にあるのかといったことも踏まえて、相手の心理状態を探ってからにした方が無難です。仕事が忙しかったり、家庭のことで悩んでいたりする場合には良い返事をもらえないこともあります。

 

相手の好みを調べておこう

プロポーズをするには、相手の好みを調べておくのもおすすめです。例えば、指輪をプレゼントするのなら、相手の好きなブランドやデザインのものを用意します。一方、指輪は要らないという人も居ることでしょう。元々、アクセサリーを身につけない人も居ます。金属アレルギーの人に金属のアクセサリーをプレゼントするのは嫌味でしかありません。

 

形式にこだわらないようにしよう

プロポーズは形式どおりに堅苦しく考える人もいます。しかし、相手によっては型どおりではなくてもいいと思っていることもあるものです。要は結婚したいという気持ちが相手に伝わればいいので、雰囲気やタイミングを考えて結婚しようと一言伝えてみましょう。遠回しな言い方では伝わらないこともあるので、鈍感な人の場合にはハッキリ告げた方がいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

カテゴリー

理想のプロポーズのアンケート結果

PAGE TOP